叫びたかった数々の想いが、喉を焼いて、僕の心を蝕んでいく。
僕を抱きしめる君の腕がわずかに震えていることに僕は気付かないふりをした。
そうしてまた重ねられた嘘で僕が窒息死する前に。

2style.net