Calendar Girl - 1998 Birthday Stone

カレンダーガールは、1つのテーマに沿って1年の間毎月1体ずつ、全部で12体、その月に因んだ人形が発売されるコレクターシリーズです。

シリーズが始まったのは96年で、2月はバレンタイン、3月は卒業と、その月の行事をテーマにしていた。
最近のカレンダーガールシリーズは月とは関係なくリリースされている。
97年は、生まれ月の花をテーマに、98年には18ジェニーをモデルに生まれ月の宝石をテーマにしていた。
99年は18フェイスの新ペイントでカクテルがテーマ。2000年はノーマルジェニーに戻り、世界の音楽がテーマだった。01年はお休み。
2002年のカレンダーガール(CG)は、初のフレンドドールとの混合。
人気の高いマリーン、キサラと18ジェニーが交代で登場する。

98年のシリーズは、前年より値段が千円上がり、エイティーンのフェイスモールドが初めて使われて、クオリティ・アップを打ち出した。年間を通じたテーマは宝石で、月の宝石にちなんだ色のドレスを着ていた。

 

1998年 カレンダーガール5月 エメラルド 02/10/18
Birthday Stone Emerald

2001年3月6日の更新の再アップです。
写真を撮り直しました。

この年のカレンダーガールがエイティーンフェイスになり、エイティーン好きの私は一年間ずっと、毎月18が発売されることに大喜びで有頂天になった。
当時はエイティーンは珍しい部類で、なかなか手に入らなかったのだ。

ただいろんなヘアスタイルの18が発売されたのはいいが、明らかに変な髪形や、いい加減な色のものが出て、少し興ざめだったのも確か。
でもこの5月のエメラルドは、とても素晴らしい出来です。

1998年のテーマは宝石。
毎月宝石にちなんだデザインのジェニーが発売されたが、各ドレスデザインの根拠は不明。

この5月のエメラルドのジェニーは、私にはなぜかアルフォンス・ミュシャのイメージがある。

ドレスとヘアスタイルが、どういうわけかスラブ系のミュシャの女を想起させるのだった。
というのが前回のコメント。

ドレスデザインはともかく、エメラルド色とゴールドのコンビネーションが美しい。
ドールともグレードの高さが光った。

茶髪で、前髪も後ろもストレートのおかっぱスタイルだが、両サイドに三つ編みをほどこしたのがエスニックな感じで、よけい東欧風に思えた。
あまり小細工をしないヘアスタイルがとても良かったと思います。

くっきりした太い眉のエイティーンフェイスがとても美しく、素晴らしいです。

宝石シリーズの中でも特に美しいドールで、人気も高いものです。

2style.net