Eighteen Jenny

ジェニートレンディ 90 02/5/15

このジェニーは18タイプのジェニーです。
18ジェニーは1987年に初めて発売されましたが、この90年に発売されたものはエイティーンとは名乗っておらず、「ジェニートレンディ」という当時のジェニーのシリーズのくくりの1つとして、特にエイティーンとは断られずに発売されたものの1つです。

当時はこのような透明ボックスに入れられ、画像のとおり小っ恥かしいようなキャプションがついていたのでした。

私が人形を買い始めたごく初期のもので、2体目だったかもしれない。
3体目くらいだったかもしれません…

藤井大丸という、京都で第3のデパートは、今はヤングファッションが中心の店に変わっていますが、当時はまだ玩具屋さんが中に入っていて、そこで見つけた人形でありました。

画像がなかなか良く撮れたので大きくアップ〜!。
襖の柄もくっきりだ(笑)。

90年に発売の人形ですが、私が買ったのは92年だったと思います。

藤井大丸は、高島屋や大丸ほど商品の回転が速くない、要するにちょっと○○な百貨店だったので(当時の話)古いジェニーも残っていたのです。

当時は91年型ジェニー、いわゆるブスジェニー(笑)の全盛時代。
そんな時代にジェニーにはまった不遇の私は、藤井大丸で美しい、別人のようなジェニーを売っているのを見て興奮。
まだコレクションをするという発想がなく、大人なのにいくつもの人形を買うということに大変な抵抗があり、買うのを随分ためらい、売り場へ行っては彼女を眺めることを繰り返す日々。
でもある日決心して(割引券を入手したため)、その念願の18ジェニーを手に入れたのでした。
私が決意するまで、このエイティーンは誰も買う人がいなかった。
(穴場的な売り場でしたからね〜)

当時は買えばすぐに箱出しし、飾り、着替えをさせていた。
この18もあれからずっと箱から出してガラスケースの中に飾り続けて来ました。
今この時まで。
←ずっとこんな恰好で飾っていました。
ちょっと不良っぽい(?)スタイル。

でも、ずっと立ちっぱなしだったので、さしものエイティーン嬢もお疲れのようです。
彼女は、今期限りで引退を表明しました。
といっても売り払うわけではありません。
こんな古く、汚れた人形は売れるはずもないし。

彼女は余生を静かに過ごしたいと、押し入れ行きを決意したのです。

ガラスケースの中にはもっと若い新人さんを、という彼女の配慮があり、私はありがたくそれを受けることにしました。

18、本当にありがとう。長いことご苦労さん。
ガラスケースの中から10年間、ずっと私を見つめ続けて来た18。

さらにアップだ〜
本当にとっても美しいです。

古い人形なので必然的に足は汚れ、髪もまとまりがないです。
でも私はこのワンレン、ゴージャスカールの髪形がいたく気に入っていました。
当時のエイティーンのヘアスタイルはワンレンが中心で、とてもいいです。

98年にカレンダーガールのシリーズがエイティーンで発売され、エイティーンが大量に手に入りました。
それはそれで嬉しかったですが、でも髪の色やヘアスタイルが若干凝りすぎていて、もっとシンプルなものを、と正直思ったものです。
本当にこんな何気ないエイティーンはあまりないのではないか。
エイティーンは、ワンレンが一番似合うような気がします。それも前髪が長いタイプ。

未練がましくボツ画像

2style.net