Designers Series - Bob Mackie

久しぶりのバービーの更新です。
あがっています(笑)。どうするのかすっかり忘れてしまっていました。

本来ならばボブ・マッキーについても説明するべきなのですがそれはまた後日…

Fantasy Goddes of The Arctic 2002 02 4/4

ゴッデス・オブ・アークティック…北極の女神様です。

ファッションデザイナー、ボブ・マッキーデザインによる、ファンタジー・ゴッデスシリーズの最終作です。
今までわりと世界の民族的な展開をしていたシリーズですが、最後に白人の美白な女神様。
北極に住むのは白人なのだろうか。

これが箱の表。単に写真を印刷しただけ(笑)。
人形が豪華なのでそれなりに豪華な感じは出ていますが、せっかくのボブ・マッキーさま。もう少し工夫のある箱デザインにして欲しかった気も。

例によってすごい大きな箱ですが。

マッキーさまのお人形はみなこのように針金でなく、ボール紙の仕切りで固定されている。

それでも大きなマントについているビーズがちゃらちゃら揺れて、箱を移動させるたびに音がする。
ああ豪華なお人形だなあとそのたびに、このようなゴージャスドールを手に入れられて幸せだと満足にひたる私(笑)。

箱出しをしたいのは山々ですが、エネルギーがなく今のところ頓挫中。

胸のあたりはすけすけでいろっぽいです。

マッキーさまのデザイン画。

「人間に着せるものではない」というコンセプトが相変わらず素敵です(意味不明)。

実物とは微妙に違いますが(襟首のデザイン、ビーズのティアラ、など)まったく忠実な再現は無理だろうから、これでもじゅうぶんだと思います。

実物の方が愛らしい感じがします。
胸の透け加減は、実物の方がいいなあ。

このアークティックは、もとの値が189ドル。
セールで125ドルになったので、焦ってゲットしました。それでも高いと思いますが、この時を逃してはもうマッキーさまは手に入らないと思い、購入を決意しました。

日本では定価が5万円という馬鹿高値。
とても買える値段ではなかったです〜。

カメラ、ちょっと寄れますか。寄って見て下さい。はい、ありがとう。

いかがですか。きれいですね。豪華ですね。
ちょっとピンぼけですね。残念ですね。
でもきれいなの、じゅうぶん分かりますね。

さあ、頭のビーズのティアラのようなの、少し貧弱ですよ。分かりますか。
どうしたんでしょうね。
でも、髪の結い方、いいですよ。
髪の色も全体の雰囲気と合っていますね。うまいね。
こういうとこ、うまいよ。

この人、色白いね。首、長いね。
長い、長い、長いですよ。
見事ですよ。

はい、とうどうこんなアップ、見せますよ。
唇、分かりますか。輪郭が描いてあって、中は薄い色で塗りつぶしてますね。こんな細い輪郭線描くの、大変だったろうね。

まつげもね、細い、細い、ほそーいんですよ。きれいですね。

女王様というより、もう少し可憐な感じしますね。
私、実は、こういうの好みなんですね。ほほほ〜。
いやですね。色気出しましたね。

はい、もう時間来ました。
それではまた来週お会いしましょうね。
さよなら、さよなら、さよなら。

うーん、途中から淀川さんが憑依してしまいました。すみません。
緊張してしまって。

最後にマッキーさま本人です。
ピンぼけな画像ですが。

ロビン・ウイリアムスに似ています。
思わずフィガロフィガロ〜♪と歌い出しそうです。
(ミセスダウト参照)

ロゴをクリックするとトップページにゆきます。

2style.net