Doll Maniacs

Hollywood Legend Colletion

Barbie as Scarlet O'hara Red dress 1994
スカーレット・レッドドレス
08/1/30

昔懐かしい、ハリウッド・レジェンドシリーズの登場です。

「風と共に去りぬ」のヒロイン、スカーレット・オハラに扮したヴィヴィアン・リー。
バービーがそのヴィヴィアン・リーのスカーレットの扮装をした、おそらくバービーで初めてのハリウッドドールでした。

このドールは、私がバービーを集め始めた初期のもので、もしかしたら最初のコレクター・バービーだったかもしれません。とても思い出深いものです。

このようにボックスのふたの裏には、「風と共に去りぬ」の、スカーレットがこのレッドドレスを着た場面の写真が載せてありました。

この写真を見ると、バービーのドレスがとても忠実に、上手に人形用にアダプトして作ってあるのが分かります。

やはりマテルのバービーのドレスの作りは素晴らしいものがありました。

「風と共に去りぬ」のバービーは、このレッドドレスのほかにピクニックドレス、グリーンのカーテンドレス、そしてクラーク・ゲーブルに扮したケンのドールもありました。

このレッドドレスは分かりにくいですがベルベット製で、マーメイドラインで、裾にはたっぷりの布を用いて、それが後ろに広がっていて、ゴージャスです。

ウィンドウに「風と共に去りぬ」のポスターが。

当時バービーで一般的だった肘が直角に曲がっているタイプのボディです。通称「前へならえ」

当時では珍しいクローズドマウスで、緑の目、オレンジのリップ。植毛まつげです。
当時は植毛まつげのバービーが沢山発売されてました。

特徴は、眉毛の位置が左右で違うこと。右の眉毛が釣り上がっているんです。
ヴィヴィアン・リーの感じを出しているのだと思います。

このバービーはとても美人で素敵。
マテルはのちにヴィヴィアン・リーそのものという感じのモールドを用いた「風と共に去りぬ」のシリーズを発売しますが、これだけの美人さんで、なおかつバービーらしさを保っているこのスカーレットが私のお気に入りです。

ヘアスタイルも独特で、多分映画のスカーレットのイメージなのでしょう…。前髪がチリチリカールで、後ろに縦ロールをたらしています。わさわさのマリブがすてき。

 

Hollywood Legend Colletion 1994-97

映画のヒロインの扮装をしたバービーのシリーズ。「風と共に去りぬ」のスカーレットから始まった。

ほかには「オズの魔法使い」からドロシー、「サウンド・オブ・ミュージック」のマリア、「マイ・フェア・レディ」のイライザ(4種類)、「百万長者と結婚する法」「七年目の浮気」のマリリン・モンローなどがあった。

のちに、殆どがスピンオフして単体のシリーズになったり、「オズの魔法使い」のようにピンクボックスでの展開をしたりと、マテル・バービーの中心的なラインナップになってゆく。

[Doll Top| HOME]

2style.net