- Kabaya

Mikkyo Mandara
密教曼陀羅 2004
06/6/15

突然ですが、私の秘蔵のフィギュアを公開!

カバヤの「密教曼陀羅」は、それに先行する「世界の神話第二集・仏教神話編」の続編のようなかたちで発売された。

同じように仏教で用いられ拝まれている仏像をフィギュアにしたもの。造形を担当したのは、仏教神話編と同じボークス・造形村です。

今回は密教美術を集めてある。
仏像は5種類で、それぞれにノーマル版と、豪華彩色版がある。
シークレットは千手観音。箱にシルエットだけが書かれているのだけれど、まる分かり(笑)
千手もノーマルと彩色版がありました。

カバヤの「世界の神話・仏教神話編」は、衝撃的だった(私にとって…)。
けれどまさか、仏像がフィギュアになるなんて、誰もが驚いたと思う。
現在では、他のメーカーからももっと造形のしっかりした仏像フィギュアが発売され始めた。いやあ、世の中って分からないもんですね…。

説明を書いたカードつき。お菓子はチョコレートだったようですが、コンプリートを買ったので、お菓子は確認せず。

原型の制作は円句昭浩。この人は確かスーパードルフィーの人では。

造形は、残念ながらかなり甘いと思います。腕が丸っこくてアニメっぽいし、仏像というよりアニメフィギュアの延長みたいなのです。
でも、仏像フィギュアは珍しいし、それだけで貴重です!

以下、画像があまり鮮明でないので、すみません…


大日如来ノーマルと豪華彩色版。

大日如来は密教の中心仏。お日様を表わす(はず)。印の結びが独特。如来の中で唯一装飾を身に着けている。冠もつけておられ、密教らしいゴージャス感あり。
フィギュアは…顔がちょっとぬけた感じですか?


愛染明王ノーマル版と豪華彩色版。

愛染明王は弓と矢を持っているが、弓がゆがんでる…豪華版の色はグッド!愛染さんは赤いですから。後ろ姿はこちら


孔雀明王 ノーマルと豪華版

密教らしいゴージャスな孔雀に乗ったエキゾチックな明王。間抜けな顔に写っていますが…サイドと後ろはこちら


阿修羅像 ノーマル版と豪華彩色版

阿修羅は密教なのかどうか知らなかった。興福寺の美しい阿修羅像をそのまま写したものです。ひそめた眉がポイントなので、それを造形したかったと思うのだけど…画像の写りがぼんやりしていて、ちゃんと見えずすみません。斜め画像はこちら


韋駄天像 ノーマル版と豪華彩色版

韋駄天は珍しい。でも、お寺にないこともないらしい。これは、確か宇治の萬福寺の韋駄天を写したもののはず。
この韋駄天、完全に三国志の周瑜とかのアニメキャラになってる。うーん。

もっと密教曼陀羅その他の画像

シークレットの千手観音は入手していません。高かったし、千手にはあまり燃えないのよね。でも、千手観音のあの手を、あくまでフィギュアで再現しようとした熱意はすごいと思います。

Next

[Candy Toy | HOME]

2style.net