Doll Maniacs

and Integrity toys - Fashion Royalty

The Glamorous Collection
Luchia Z. Glimmer 2008
ルチア・Z・グリマー
08/7/6

ファッションロイヤリティ2008年のメインのラインから、ルチアZ・グリマーというタイトルのドール。

インテグリティのFRはだいぶ前から興味をなくしていたので久しぶりです。
私にとっては、インテグリティはもう終った、というメーカーでした。
でも、今回のグラマラスコレクションを見て、考えを改めた。始まった、という感じ〜?

相変わらず磁石を仕込んだ高級感溢れるボックスです。

こんな風に、屏風のように開く扉つきボックスです。

グリマーはシンプルなビスチェとパンティだけのドールです。
その分、お値段が優しいですが、それでも12900円します。

この顔がすごい。歌舞伎の隈取かと思いました。
怒ってるんですか、とも言いたい。でもこれが癖になるのよねー。
あんまりすごくて、つい買ってしまった。

植毛まつげもついています。この睫の付き方がすごく神経が細かい。

グラマラス・コレクションは全員が髪色の違うポニーテールをしていますが、ルチアは赤毛です。

私は赤毛が好きなんです。シルバーのキヨリも良かったんだけどやはり赤毛の方が。

グラマラスコレクションは、4人発売され、ヴァネッサ、アデール、ルチア、キヨリ、それぞれ色(テーマカラー)が違っていて、人形のタイトルになっています。

来ているビスチェは全員が同じデザイン。
これがね、下着に準ずるものなのに無駄に凝ってる。
ビスチェも短パンも総裏つきだし
ブーツもやたらに凝っています。

足と両手、腰、そして髪に糸が縫い付けられて箱に固定されていますが、取り出しやすいです。

1年に1度くらいはこのような、下着ドールを出して欲しいですね。
私の場合、どちらかと言えば、ミサキでも、アウトフィットはなくても良いから人形だけ欲しいタイプ。

これこれこの顔。迫力あるこの顔がたまりません。

FRの現在のボディは、肘と手首、膝と足首が可動。
ポーズを付けることが出来て、座ることも出来ます。
ボディの素材は重量感と高級感のあるミサキと同じ(多分)。

クオリティが高く、しかも遊べる。という優秀ドールだと思います。
でも、ドレスドールだと値段があまりにも高い。その上へんてこなドレスにへんてこなヘアスタイルなので今いち買う意欲が起きなかった。

グリマーは、ヘアスタイルも服もシンプルにしたのが良かった。

次もあり

Next

|Integrity top | Doll Maniacs| HOME|

2style.net