Doll Maniacs

Shonen U-NOA L-bi

ユノア・クルスはフィギュア作家荒木元太郎氏の40cmサイズ球体関節人形です。
原則として未組立て・未塗装で、自分で作り上げます。
販売は
錬金術工房にて不定期に行われます。
荒木氏の趣味が嵩じての工房作品のようなので、大量生産は出来ず、少数を頒布という方法のようです。


化粧濃いっ

U-noa quluts L-bi
少年ユノア エルヴィ
05/11/13

憧れのユノアをすったもんだでゲット。
40センチ球体関節人形としては、2種類目です。

価格は未組立てで、送料込み4万円(高っ)。

6月末日までに申し込んだ分で、発送されたのは10月21日か22日だったかな。
発送が遅れたようなので、かなり心配しました。でも、ちゃんと届いて嬉しさひとしお。

荒木氏制作の人形のボディの美しさに憧れ、欲しいと思っていたのですが、ユノアフリークという本に新しい素体、「少年ユノア」を通信販売するというおふれが。

あまりの高さにさんざん迷ったのですが、とうとう買うことにしました。
本当は、少女ボディが欲しかったのですが、こうなったらどっちでもいいやって感じでした。

この本についている振込用紙で、郵便局から申し込むという、超簡単な方法にゲットする意欲が涌いたのです。
(すでに締め切り、もう販売はしていません)


ユノアフリーク

こんな風にばらばらっと袋に入っています。
右は組立て手順を書いたリーフレット。

このバラバラ状態が本当に組み上がるのか…。私に出来るのか…。不安が一杯です。
何しろ、全く初めての経験です。

組立てるには、それなりの準備と組立て用品が要ります。それを買ってからでないと出来ないので、しばらくこの状態で放置でした…

袋から出しますと、こんな感じです。これは全部ではありません。一部です。

中には気泡や色ムラやらがあるという噂も飛び交っていましたが、私のには一切ありませんでした。とてもきれいです。
むしろ、繊細な造形にうっとりしていました。

手の形、足の指、爪、本当にすてきなんです。
あっ、この中に怪しいパーツも含まれていますが…すいません。

新たに買ったのは、「離型剤落し」と「水性つや消しトップコート」、それに瞬間接着剤、やすり、デザインナイフです。

これは、「ユノアフリーク」に要ると書いてあったので、ひたすら無批判にそれらを買い求めたのです。
結果としては、「離型剤落し」はクレンザーなどで代用出来るようです。

やすりは100円ショップで買ったものですが重宝しました。つや消しは絶対要ります。

つづく ユノアフリーク

[DOD/U-NOA | Doll Maniacs]

2style.net