Doll Top

's Friend - Juliana

94年当時流行っていたディスコ、ジュリアナ東京に因んで、ディスコ・クイーンというケバい設定で誕生したジェニー・フレンド。
単体で発売されたフレンドだが、ボディはジェニーより一回り大きい、いわゆるブリジットボディ。
したがってハイヒールを履ける足。
オリジナルは褐色の肌、紫色の瞳、ブラウンの長いカールヘア。
イギリス人の18歳という設定になっている(イギリス人でこのような名前はおかしいと思うが)。

ジュリアナ東京がつぶれてから商標使用権がなくなり、ジュリアナの名前が使えなくなり、現在は無名或いはジェニー・フレンドという表示でリリースされている。

 ふたりのジュリアナ Juliana Twins

 

2001 ジェニーフレンド(ジュリアナ) 01/10/30

 2001年8月発売された復刻ドール、通称茶箱のもとジュリアナ

安いレオタードドールとして発売されるフレンド。
最近レオタードがモノグラム柄に変わった。

まだ商標権が解決していないのか、名前が使えないのに、ジェニーフレンドと言う名前なしで発売されるのは、人気があるためだろう。

トイザラスでは安売りの時、最後には999円という値段で売られていた。

2色の色の髪がランダムに植毛されていて、全体的には栗色に見える。
とてもきれいな色の髪。
この髪色がとても気に入りました。

ジュリアナのスタンダードの肌色は日焼け肌で、今回のジュリアナも日焼け仕様。

お人形の肌は白肌が好きで、ジュリアナも白肌が好きだったのだが、このジュリアナは、日焼け肌でもとてもかわいい。

とろんとした目をしているけれど、そのおっとりした顔もとても可愛い。

オリジナルは、通常のジェニーよりも背の高いジュリアナボディが使われていたが、今回のものはスタンダードボディ。

オリジナルの発売は94年。
私は96年発売の白肌(やはりブラウンボックス)がとても気に入っていたが、今回のこのジュリアナはもしかしたら、その白肌よりも気に入ったかもしれません。

少し子供っぽくて、髪の色も、とろんとした目も、ちょっといじらしいような所が、すごく可愛い。
とっても好きになってしまった。

もちろん、白肌仕様のリリースだったらもうひとつ良かったけど、でもこのままでもじゅうぶん素敵です。

ジュリアナに大人っぽい、シンプルなドレスを着せたかったのだけれど、あまりそういうのは売っていない。
それで、長いことかかって、自分で作った。
何の飾りっ気もないドレスになってしまった。

Next

Prev. | Next


|Doll TOP | HOME|

2style.net