Doll Maniacs

ロゴをクリックするとリカトップに戻ります。

98 アイスダンスリカちゃん 00/7/17 04/5/3

かつて「写るんです」でアップしたアイスダンスリカちゃんを、今回はデジカメ画像にて新たに全面的に写し直したものをアップします。

長野オリンピック記念、公認リカちゃんです。
公式ロゴマークが入って、こういうの、その時は貴重だとも思わないけど、時間が経つと、必ず良く見えてくるのだな。
パッケージはアイスリンクつき(!)なので、大きくて大げさなんです。

リカといっしょにおどりましょ、というキャッチが入っていて、アイスダンスが、ちゃんとダンスだという認識がされているのが、嬉しいです。

パッケージ裏には、アイスリンクで華麗にステップを踏むリカちゃんとイサムくんが。後ろにぼやんと写っている観客もがいい感じでしょ。
イサムくんは別売りされていました。別売りという所に、哀愁を感じる。

リカちゃんお買い物券をゲットするためにバーコードを切ってあったり(^_^;)。

パッケージの中はこんな感じ。→
これはしかし、とてもすぐれもので、付属のアイスリンクは、箱の、丸く切りぬいてある部分に、はめ込まれているだけで、簡単に取り出せて、また簡単にはめ込める。
大げさに止め付けてあるバービーの箱とえらい違いだ。

リカちゃんはさすがに針金で2箇所止めつけてある。
でも、これくらいは許せるね。

そして、このアイスリンクにリカちゃんを立たせて遊べるのだが、これが、まあ楽しい。
ハンドルを動かすとリンクが廻り、廻しつづけると、リカちゃんの乗っている小さな部分だけが廻る。
逆回転も出来て楽しさ倍増!

大きいパッケージと、子供だましのギミックだから…と、買う時はとても恥ずかしかったが、おもちゃとして、とても優れた商品だと思う。
今回、開けて遊んでみて、始めてその優秀さが分かった。

また、目立たないが、リカちゃんの履いているスケート靴が、超すぐれもの。
前が半分にぱっくり割れて、脱がすことが出来るのだ。この靴の構造は、涙もの。

これだけ写し直すのを忘れていて、もとのひどい「写るんです」画像です。記念にいいかな…

ここからのコメントはもとのとおり

ということで、せっかくだから、リカちゃんにデニス・ビールマン選手のビールマン・スピンに挑戦してもらった。

が…。
ああん…届かないよ〜
リカ、これが精一杯〜

ごめんごめん、こんな難しい技は、出来ないね。

近頃男子のプルシェンコ選手もしている技なのだが…。
体が柔らかくないと出来ないのだ。

ならばと、ミシェル・クワンちゃんのスパイラルに挑戦。

だけど、ただ足を広げているだけにしか見えない(笑)。

いいんだよ、リカちゃん。かわいいから。ちっともクワンちゃんの技に見えなくてもね…
カメラ目線がとってもラブリーよ。

このスパイラル…あまりよく撮れなかったです。ポーズは前の方がらしかった…

さて、アイスダンスリカちゃんだからダンスシーン!
というわけでバージョンアップしました。アイスダンスでこんなポーズ、ありそうでしょ!
とくに某アニシナ&ペイザラーなんかに。えっ?全然違う?まあそう言わないで。
タカラドールでダンスシーンを再現するのは困難なのです。精一杯がんばってみましたのですぅ。

お相手はAGISショウくん。タカラで唯一の可動男子なのです。
二人でポーズを決めて、かっこいい!でしょ。

 

このアイスダンスリカちゃんの発売は、私にとっては、とても画期的なものだった。

普通、フィギュアスケートと言えば女子シングルを思い浮かべるだろうし、こういうおもちゃなら、女子シングル選手をモデルにして当然だと思う。

それなのに、いきなりアイスダンスリカちゃん、というのが嬉しい。
何だか、アイスダンスが市民権を獲得したみたいな気がする。

おもちゃの世界で、アイスダンスというタイトルがつくというのは、それだけアイスダンスが有名になったのか、という感じで、感慨もひとしおなのだ。

この商品の企画・開発をした人のセンスと英断を拍手したい。

Doll Top

2style.net