松戸市の病院に救急車で運ばれるも助からなかった親友の死亡事故

松戸市の病院で亡骸と対面ほぼ即死状態

死亡事故

親友の死亡事故を起こして、松戸市の病院で亡骸と対面することになりました。近所に親戚などもいなくて一番身近な存在が自分だったため、最初に駆けつけたのですがその時にはすでに事切れていたのです。親友はバイクが好きで何度も危ない目にあっていたのですが、それでも乗るのをやめることができずバイクで死ぬのであればそれが本望だと言っていました。そして、それが正にその通りになってしまったのです。事故があったのは、見通しの良い直線道路だったのではっきりとした原因はわかりませんでしたが、何かの動物などが飛び出してきてそれを避けようとして事故を起こしたのではないかということだったのです。脇の岩肌に叩きつけられて、ほぼ即死状態だったということでした。

松戸市の病院で亡骸と対面ほぼ即死状態 すぐに救急車で運ばれたが首の骨が折れて致命傷 実際に死ぬのは嫌だと答えそうな気もします

2style.net