2style.net
Ribbon
、今日から恋をします。

ってな具合でパッと恋が見つかるほど、この世に愛は溢れていません。でもどうしても恋がしたいの。だってほら、よく言うでしょ?恋をすると世界が変わる、命短し恋せよ乙女、女の子は恋をしてキレイになる。ね!やっぱり女としてパパとママはこの世に私を産んでくれたのだから、私は恋をするべきなんだ!つー訳で、私、今日から乙女になります。

ミッション,1:恋する相手を捜せ!

女子校に通う友達と昨日電話して相談したんだけどね、「あんた共学にいて恋しないなんてあり得ないわ!あたし達なんて出会いが無いからわざわざ文化祭巡りとかナンパ待ちとかするんだからね!」「ていうか、学校生活に男がいるって時点で羨ましいわよ、なんであたし女子校にいるんだろ・・・」なんていわれちゃいました☆(うざいね、ごめん)
だから学校に向かうバスの窓から乙女の目を開いて(心眼よ、しんがん!)並盛中の制服の男子生徒を丁寧に見回した。

(・・変な髪型だなぁ。)
(私より小さいひとはパス、)
(なんかだらしなさそうでイヤ、不潔!)
(ちぇ、彼女もういるのか、)
(げ、なにあのリーゼントっ!ってなんだ風紀委員か)

(・・・ろくな男いねぇな、この学校)

一番多く生徒が登校する時間で、男子は40人程度。
そのなかでストライク、一名も無し・・・!

(つまんなーい、いい男なんて学校にはいないのかなぁ。)

はぁぁと溜息をつき校門に向かう。そこにはなにやら学ランの集団がいた。

(風紀委員か、)

風紀委員は怖いから絶対絡みたくない。きっとこの学校に通う一般的な生徒はみんなそう言う。だから目を合わせないようにして、てきとうに「おはようございます」って言って、ささっと通り抜けるのが一番いい。(目は合わせない、てきとうに挨拶、ささっと通り抜ける・・・)
前にスカート丈のことで呼び止められたことがあった。(怖くってチビりそうだったわ!)だからここではいつもより長くしてる。指定外のものは持ってきてないし、たっくさんある規則も破ってないはずだったから呼び止められるところはなにもない。(落ち着いて、普通に歩くのよ。!)

ギュっとスクバの取っ手を握りしめる。その時、チェーンが緩んでいたのか 携帯の入ったホルダーが落ちてしまった。
しかもそれに気づかず自分自身でけっ飛ばしていた。

(あ!)

そのケータイは飛んでって走っていた、同じクラスの沢田君の前に落ちたのだ。

(良かった、傷ついてないかな)
「沢田君、それ拾っ 
「あ」

(・・えぇー!)

沢田君にもけっ飛ばされてしまった。(マイハニー!!!)しかも「ごめん、さん・・!俺ちょっと用事があって・・ごめん!」そういって沢田君は私の携帯を無視して走り去って行ってしまったのだ。(チクショー、沢田綱吉め!)

ケータイの行方を目で追う。あれ?どこに行った・・・?



「ねぇ、これ君のだろ」

肩にずしりと重みが。あ、誰かが拾ってくれた。
「あ、ありがとうござ・・」
「・・・!ひっ雲雀さ・・」

うわぁぁ風紀委員長!
雲雀さんだよ、雲雀さんがきなすったぁぁぁ!
よく見れば見るほど雲雀さん!(あ、もう駄目だ、私頭しんでる)

「ぅぁ・・あの、」
「早くしてくれない?」
「ヒィッ」


私はパニックを起こして逃げていた。
(すいませんすいませんすいません・・・!)
全速力で走って学校に入ったため、教室内にローファーで入っていた。

さん、今朝はごめんね。ってあれ?上履きに履き替えなかったの?」
「さわだ、くん!!」
「へ?あ、うわ、ご ごめんなさい?」
「どーしよ!どーしよ!殺されちゃう!」


乙女なんて、やってらんない。