骨盤ねじ締めダイエットってどんな感じ?

骨盤ねじ締めとは?

骨盤ねじ締めとはバリ在住のYUKAさんが子供を5人産んだ後の“産後ダイエッ
ト”として始めたダイエットの方法でして、内容といえば、単純なエクササイズと
いうよりも一種のヨガに通じるものがある感じです。とはいっても、やり方として
はそれほど難しいとか複雑だというものでもなく、イメージとして骨盤に下半身の、
特に臀部 (お尻) の筋肉や脂肪も含めた肉という肉をすべて集めるような意識を
集中していくものです。

ごく簡単にやってみた感覚では、肛門の括約筋を〆て(締めて)、子宮も〆て、上
に伸び上がるイメージです。この場合、お腹など、他の身体の部位の力がコツのよ
うで、これらの動作を最初はなかなか巧く集中して力を溜めることができないので、
意識し続ければ1ヶ月も経たないうちに、口コミなどを見ますと1から2週間あたり
でそれなりに一連のやり方と動作もできるようになると思います。

ふだんから、何気無しにできるようになれば、それを継続していって、1年はみて
もいいかもしれません。けれど、そこまで時間がかからなくても半年も続けられ
れば、かなり身体の内部から楽になるようで、これはつまり我々女性特有の内臓
下垂が自然の位置に戻ってきたことを意味するようです。

洋ナシ体型になる原因の内臓下垂が骨盤内部の筋肉組織に力を引き締めることで、
上へ!上へ!という動機づけと共に、それが脳内から当然反復して具体的に筋肉
に信号指令が発せられるからだとのことです。



そのやり方とは?

骨盤内部にある子宮や生殖器の周りの骨盤底筋群とは、ふだんの日常生活のなかで
ほとんど使うことのない部囲ですので、それを支える周囲の筋肉組織が緩みやすく、
そのため骨盤ネジ締めるように力を集中すれば、血行促進による代謝活動の活発化
により、女性ホルモンの働きが活発化していきます。 

これにより、骨盤が正常な位置に戻ることで、内臓下垂が矯正されつつ、身体の中
心をなす体幹部が鍛えられることで、上述の効果が期待できることになります。 



上記でカンタンにご紹介しましたように、骨盤周辺の下腹部の筋肉周辺に意識を集
中して腰だけを回します。その場合、お腹に力を入れてはいけないようです。腹筋
に力が入ることで撥ね返してしまい逆効果だからのようです。女性の場合は、膣・
肛門部位を意識し、男性の場合は主に肛門部位を意識して締めていけばいいのです
が、最初のやり始めの方は、意識づけだけでも、次第に筋肉部位に神経が伝達され
て上手くできるようになるようです。 



骨盤ダイエット全体からみて

“骨盤ダイエット”を謳うやり方やダイエットは、巷間たくさん出版なり紹介さ
れています。つまり、骨盤ダイエットやエクササイズのやり方や方法論には、一
通りの決まったものがあるわけではありません。

女性がダイエットに求めているものとは、それはただ単純にスリムアップしてい
けばいいというものではなく、バストアップやヒップがキュッと引き締まって、
それでいてクビレも自然についた体型のはずです。ただ、それもラクに(楽に)
できるのが自然です。


骨盤ダイエットは、何も一通りのやり方や方法論があるわけではありませんが、
骨盤エクササイズのみですべてが上手くいくわけでもなさそうです。これも“女
性の敵”である 「むくみ」 を考えれば、内臓下垂の矯正に重点を置く骨盤ねじ
締めだけでは勝手が違ってきます。この場合には、やはり基礎代謝の機能的側面
が沈滞しているわけですから、食生活の面で利尿作用があるものを食べて飲んで、
またタンパク質を食べること、さらにダンベル体操でもいいですが、筋肉組織の
造成に励まなければ、よい結果を得ることはできないでしょう。


もう少し気楽にダイエットエクササイズをしたいというのであれば、次のやり方
もご興味があればご参考にしてください。 
 ⇒ ■ラクチンスーパーダイエット■


2style.net